アフィリエイト 商材

情報商材2ndSTAGE!0→1最速ダッシュで目指せ月100万円

無料ブログインデックスの違いに驚愕!?

読了までの目安時間:約 6分

 

無料ブログサービスを利用している人は相当いますよね。
アメーバブログ(アメブロ)なんかは芸能人の多くが
やっていることは有名です。
もちろん一般人も日記ブログなどで利用しているでしょう。

無料ブログのちょっと特殊な使い方をするのは
アフィリエイトをやっている人です。
いわゆるアフィリエイターは無料ブログをかなり作ります。
アフィリエイトの世界では量産することが普通だったりします。

モノを売るための商品紹介のブログだったり
その紹介するブログやサイトにリンクを送る役割のブログだったり
とにかくたくさん作ったりするのは当たり前です。

一つの日記ブログをつけている人には信じられないかもしれませんが
アフィリエイトの世界では数十個はもちろん、
千個単位でブログを作っている人もいます。

どんなことで千個単位でブログを作るかはここでは説明しませんが
それくらいメチャメチャたくさん作ったりします。

ブログを数百個数千個と作っている人はやっていると思いますが
それほど作ってない人はけっこう無料ブログのクセや
長所短所を知らないで量産している人も多いでしょう。

じつは検証して数値化してみると無料ブログとひと口にいっても
けっこうな差があるんです。
デザインや使い勝手などは人によっては大事だとは思いますが
稼ぐことが目的のアフィリエイターにとって
それよりももっと重視しなければならないことがあります。

それはインデックスされやすいブログサービスかということと
そのインデックスされるまでのスピードです。
まあ細かいことをいうとリンクパワーとか検索エンジンに好かれるとか
そういったこともありますが、
アフィリエイターにはインデックスというのが大事だったりします。

たとえば芸能ネタやニュースを取り上げるトレンドブログ。
これはもうスピードが命です。
芸能人の誰が熱愛発覚!とか
事件発生!犯人はどんな人物か?とか
新ドラマ発表!出演者や主題歌は?なんてネタを取り上げるのが
トレンドブログです。

テレビで興味あることがやっていたらネットで調べると
出てくるのがトレンドブログだったりするので
一度や二度は見ていることでしょう。

そういったトレンドブログはスピードが命です。
新聞社や週刊誌なんかのスクープ合戦と同じく
トレンドブログもライバルよりもいち早くネタを仕入れて
記事にして投稿する。
早く検索結果に出ることができれば
ものすごい訪問者数を稼げます。

そうやって稼いでいる人がいるんです。
だからとにかくそのネタで早く検索結果に出ることが課題です。

記事ネタをすばやく嗅ぎ取ってスクープばりに投稿すること。
これができるようになれば本当に稼げます。
ところが記事を仕入れたとしても投稿するブログサービスが遅いと
いつまで経っても検索結果に出てきません。
ブログサービスが遅いというよりYahooやGoogleの検索結果に
表示されにくいといったほうが正しいです。

この検索結果に表示されることをインデックスといいます。
検索エンジンが網の目のようなネット上を巡回して
新しい更新記事を拾い上げるのがキャッシュ。
キャッシュされてから処理されて検索結果に表示されるのが
インデックスです。

e-M

このキャッシュからインデックスまでの時間が
無料ブログサービスごとに違います。
その違いは微々たるものなら気にしなくてもいいんですが、
20日間も違うとなれば見過ごせませんよね。

記事を投稿して早い無料ブログで2時間かからずに
検索結果に出るところもあれば
同じように投稿して21日目にやっとインデックスされる
無料ブログもあります。

さらにインデックスされるページ数も大事です。
一ヶ月毎日投稿して個別記事やカテゴリなど
さまざまな拾い方で100ページもインデックスされている
ブログもあれば5ページしかインデックスされないブログもあります。

より多くインデックスされたほうがいいのはわかりますよね?
インデックス=検索結果に表示される数と考えれば
同じ投稿数なのに100ページ表示される無料ブログと
わずか5ページしか表示されない無料ブログでは
アフィリエイトでは機会損失ですし
一般の日記ブログでも投稿した記事でも
表示されていない記事があったりするのです。

インデックス=表示されていない記事はネット上には
存在しないのと同じです。

なぜこんなことが起こるんでしょう?
そして最速でインデックスされる無料ブログサービスとは?
その逆に使い物にならない無料ブログサービスは?

ちょっと長くなったのでまた明日続きを書きますね。

では^^

 

タグ :    

無料ブログサービス選び

この記事に関連する記事一覧