アフィリエイト 商材

情報商材2ndSTAGE!0→1最速ダッシュで目指せ月100万円

転売(せどり)とアフィリエイトの違いとおすすめの方法

読了までの目安時間:約 5分

 

先日はセカオワの初回限定盤での転売(せどり)を例に話しましたが
稼ぐ方法としてのせどりとアフィリエイトの違いをしようと思います。

 

 

せどりとは中古の本やCDを仕入れて利益を乗せて売る方法です。
転売もせどりとほぼ同じで中古の商品を
買い付けて利益を乗せて売ります。

 

 

仕入れるものは無限にありますし、
目利きさえできればプラスの利益も比較的簡単に出せます。
そういう意味では敷居が低く
手軽にはじめられるビジネスといえます。

 

 

とはいうもののそうそう簡単に利益が出る商品ばかり見つかりません。
簡単にできるといいましたが大きく利益が出るような
プレミアがつく商品を探すのはなかなかに至難の業です。
小さな利益を出すことは簡単なんですが
出品や落札(購入)者との連絡や発送の手間をかけなければならないので
小額の利益では割に合わないというか相当数をこなさなければ
十分な利益を出せません。

 

 

ただ、アフィリエイトでは必要不可欠な
ブログなどを作る必要はありませんし
ヤフオクやAmazon等強力な集客力を持った売る場所があるので
集客にもそれほど力を入れなくていいというメリットはあります。

 

 

いいことずくめともいえるせどりですが
先ほども説明したように利益を出すにはそれなりの目利きが必要で
これは経験がものをいいます。

 

 

そしてもうひとつ弱いところがあるんですが
それは長所であるブログ等を作る必要がないということは
逆にいえば資産として積み上げていくものがないということになります。

 

 

これはどういうことかというと
常にモノを仕入れて売るということをし続けなければなりません。
仕入れるものがなくなれば、
また売ることをしなければ収入は途絶えてしまいます。

 

 

それに対してアフィリエイトは資産積み上げ型ともいえます。
初期の段階ではほとんど利益というか収入がありません。
最初の段階でアルバイト以下の収入に嫌気をさす人もいるでしょう。

 

 

ところがそこを我慢してコツコツとブログを作ったり育てたりしていくと
あるときから収入が発生してそれが増えていくようになります。
我慢して作り上げた仕組みは資産となって
あとから収入を生んでくれるのです。

 

 

こうやって見てみるとせどりとアフィリエイトには
それぞれ長所と短所があることがわかります。

 

 

せどりは手軽にはじめられて集客の手間も要らず
仕入れから販売(オークションだと落札)まで
最短で2~3日でも利益を出すことも可能です。
ただ、資産が残りません。

 

 

アフィリエイトは手軽にはじめられるものの
最初はほとんど無収入で仕組みをコツコツと作らなければなりません。
やり方にもよりますが報酬が発生するまでに最低2~3ヶ月はかかります。
利益が出るまでが長いですがその分資産となって
継続して報酬を生み続けてくれます。

 

 

どちらも一長一短がありますが
できるのでしたらせどりからはじめてアフィリエイトに移行するとか
両方をうまくやりながら短期で利益を出しつつ資産を構築していく、
そういったハイブリッドな方法もおすすめです。

 

 

両方をやっていくことでそれぞれのいいとこどりを融合させて
独自の方法を見つけられるかもしれません。
ひとつに固執しない柔軟な思考でぜひ取り組んでみてください。

 

タグ :     

アフィリエイト初心者 転売・せどり

転売って儲かるの!?

読了までの目安時間:約 4分

 

ここに10枚のCDがあります。
同じCDが10枚。
これはセカオワの2nd「Tree」の初回限定盤です。

 
セカオワ
 

 

 

 

 

 

 

 

セカオワの初回限定盤「Tree」って聞いてピン!ときた人は転売通でしょう。
この初回限定盤がいまフィーバー(死語)状態なんです。

 

 

もう異常といってもいいくらいの盛り上がりです。
あ、盛り上がっているのは転売屋のほうですね。
購入者は予約してでもフライグゲットしておきたかったと
後悔しているかもしれません。

 

 

というのもこのセカオワ2nd「Tree」の初回限定盤、
定価は4800円ほどなんですが現在これに異常な高値がついています。

 

 

今の時点でヤフオクでは平均約6600円、
Amazonにいたっては7350円からで
124点の出品になっています。

 

 

ただこのAmazon出品124点とヤフオク出品112点の
どこで定価割れするかが勝負の分かれ目です。

 

 

しばらくはプレミア価格で売れていくでしょう。
でもいつかは需要と供給のバランスがとれるようになってくると
価格も定価になりそして定価割れするようになります。

 

 

出品商品がダブついてくると赤字で売らなければ売れません。
不良在庫となってしまっては寝かせておいても
定価を超えることはないでしょう。

 

 

だから転売は経験と勘がものをいうんですね。
プレミアがつく商品を見つけることも大事ですが
それをどのくらい仕入れてどのタイミングで売り切るかも
腕を問われるところです。
ここを間違うと利益を出すどころか大損することもありえますからね。

 

 

ちなみにさっきの10枚はヤフオクで落札されて発送しました。
最初の出品を落札してくれた人がほかにあるかというので
10枚あるといったら全部ほしいということだったので
1回の出品で10枚さばけてしまいました(笑)

 

 

これで利益は約2万円。
転売している人ではこのCDを200枚仕入れたり
ネットが品切れとわかるや軽トラで県内のCDショップに
買い漁りに行く猛者もいるようです。

 

 

転売屋もけっこう泥臭くやっているんですね。

 

 

いちはやくプレミア商品を見つける方法はまた今度話しますね。

 

 

では^^

 

タグ :     

転売