アフィリエイト 商材

情報商材2ndSTAGE!0→1最速ダッシュで目指せ月100万円

商品の成約を高める売れる記事の書き方

読了までの目安時間:約 4分

 

文章を書く練習をしたらいよいよブログなどを立ち上げて
アフィリエイトをしてきたいですよね。

 

 

でも文章を書くことに慣れてきたといっても
いざ商品をアフィリエイトするための記事の書き方が
わからないかもしれません。

 

 

そこでアフィリエイト向けの記事の書き方を話します。
けっこう基本中の基本ですがこれがわかっていないと
まったく商品が売れないなんてことになりますので
頭に入れて意識してください。

 

 

結論から先にいうと
「商品を売らない」ということです。

 

 

え、なんで?
アアフィリエイトは商品を買ってもらう仕事でしょ?
だったら売るんじゃないの??

 

 

なんて思ったかもしれません。
でも「売らない」ことが基本なんです。

 

 

これにはちゃんとした理由があるのですが
アフィリエイターの仕事はあくまでも見込みのお客さんを
販売者に誘導する橋渡してきな役割です。

 

 

お客さんはなにかしらの悩みや欲求をもって検索しています。
そこでアフィリエイターが売る気満々モードで待っていたら
お客さんも買う気が削がれてしまいます。

 

 

アフィリエイターの役割とは
お客さん(この時点ではまだ買うかどうか迷い中)に商品の情報を
わかりやすくまとめて「こういう商品がありますよ」と
教えてあげることです。

 

 

たとえばアフィリエイターが記事を書く例として
・商品の比較
・商品を選ぶポイント
・おすすめ商品への誘導
・購入してみての感想・レビュー
・商品の検証
・実際に使っている人の声
・検索してきた人の答えとして商品をすすめる

 

 

このようにアフィリエイターは直接売り込みをしないで
検索してきた検討中の見込み客に背中を押してあげることが役割です。

 

 

販売サイトまで誘導してあげることで成約率はあがります。
お客の心理としては商品の詳細を知りたいのと
自分では決断しきれない気持ちに
背中をそっと押してもらいたいということです。

 

 

それがアフィリエイターのブログやサイトで
その商品を買う必要があるんだと
納得させてあげるだけでいいんです。

 

 

売れる記事というのは売り込み記事ではなく
背中を押してあげる記事を意識してみてください。

 

タグ :    

アフィリエイト初心者 コピーライティング 物販アフィリエイト

この記事に関連する記事一覧